会社情報

ご挨拶

六十二万石の城下町・名古屋では、七代尾張藩主・徳川宗春のもとで「茶の湯」が広められ、文化・文政期になって大流行します。やがて下級武士や庶民層にまで浸透し、幕末のころには日常の団らんの場でも抹茶が盛んに飲まれるようになりました。

そんな茶どころ名古屋において、当店は日本一の茶舗を目指し、専門店としてのれんを掲げてきました。創業以来、家訓のようにして守ってきたのは、「良いお茶は心を潤す」の意が込められた「茗茶潤心(めいちゃじゅんしん)」の四文字です。

「茶の湯」の教えにもあるように「お茶」は「心」。一杯のお茶の中には淹れた人の人柄が溶け込み、日常生活に欠かせない真心を伝えます。当店が「お茶の香りと、味と、色で真心を伝えていくこと」を使命としてとらえ、「お客様に喜んでいただくためには何をしたらよいか」を常に発想の原点にしてきたのも、すべて「茗茶潤心」に由来しています。

名駅サンロード店、サカエチカ店では、お茶の香りを大切にする思いから、店頭でほうじ機を回しながら、炒りたてのほうじ茶を販売しています。直営店では、お客様とのご縁を大切にする思いから、来店されたお一人お一人に、抹茶とお菓子を無料でお出ししています。そして、品質を大切にする思いから、全国のお茶の産地に足を運んで茶葉を選りすぐり、歴史に培われた独自のブレンド製法によって香りと味と色にこだわった製品をお届けしています。いずれもお客様にはご好評で、大変喜んでいただいております。

これからも、お茶に親しまれているみなさまに、真心を伝えてまいります。